カーコーティング ≪PROSTAFF≫ NEWS

カーコーティング専門ショップ≪プロスタッフ≫
<<  カスタムの軸はボディカラー  青にこだわる。 | main | 憂うべき・・・なのか? >>
R36   熟成の、スポーティヴァージョン
0
    フォルクスワーゲンの“R”を名乗る、2台目がR36です。

    R32は言わずと知れたゴルフベースのV6、3.2Lを積んだ、
    スーパーマシンです。
    これはもう、その後ホットハッチの世界に大排気量のムーブメントを齎した
    パイオニアであることはご存じのとおりです。

    その、“R”の称号を与えられたパサートヴァリアントR36は、発売と同時に
    注目を浴びる存在になっているようです。
    性能や内容に比べ価格のバランスが良いようで、ちょっと地味なイメージの
    パサートがスポーツ派のユーザーからも大いに期待が掛かっている状態です。





    先代よりも一回り大きなボディを与えられたパサートですが、R36では低く
    構えた車高とワイドなトレッドで、控え目ながら迫力をひしひしと感じます。
    もともと堅実で控え目な印象のパサート、先代のスーパーグレード“W8”では
    外見のアピールは極めて少なかったと思いますが、こちらは違いの分かる人
    にはよく分かるだけのポイントがあります。

    開口面積の多い、スポーティなフロントバンパー。
    左右に振り分けられたRタイプのエクゾースト。
    広いトレッドをカバーする、フェンダーのエクステンション。

    さほど多い変更点ではありませんが、そこがまたパサートらしいのでしょう。
    W8に比べて出力と足回りのバランスが良く、オールマイティに飛ばせる
    優等生との評価も頷けます。





    R32でもそうなのですが、この狭角のV6エンジンは通常のV6のように独立した
    バンクが無く、予備知識なしに見る外観はコンパクトな直6の趣です。
    綺麗に吹け上がるフィールは直6に近く、わずかに感じる振動がかろうじて
    V6であることを主張しているようです。

    R32のボアアップかと思いきや、新設計とのことで、おそらく軽量コンパクトを
    目指したR32のエンジンにはボアアップの余地が無かったということでしょうか。

    今回は納車前の新車で私は殆ど乗っていませんが、重低音のアイドリングの
    エクゾーストを聞くだけで3.6L N/A 300psの性能を垣間見ることができました。





    ステアリングホイールが小径のスポーツタイプで似つかわしくない“らしさ”
    を感じるのがインテリアで唯一のアピールですが、そんなところもパサートらしい
    と好感が持てます。

    ライバルたちと比べてリーズナブルで、しかも高性能。
    VWというブランドをどう理解するかで新しい視野が開けるかもしれませんね。


    ご好評のエシュロンFE-1043ピュアガラスコートとG-ZOXリアルガラスコート
    をはじめ、ラルグコーティング、ポリマーシールドともプライスオフ実施を
    継続しております。
    またメンテナンス各種も随時受け付けております。
    ディーラーさんで新車時にコーティングをしたけれどいまいち、とお感じの方も
    ぜひご相談ください。

    今週末までのご予約をいただいており、施工スケジュールは来週以降になります。
    メール、お電話にてぜひお問い合わせください。


    ≪プロスタッフ≫ホームページはこちら→







    | インプレッション | 15:02 | comments(0) | - | - | - |









        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>
    + RECOMMEND
    + SELECTED ENTRIES
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE
    + OTHERS
    このページの先頭へ