カーコーティング ≪PROSTAFF≫ NEWS

カーコーティング専門ショップ≪プロスタッフ≫
<< シャシーの絶対性能は、このエンジンのために。 | main | エシュロン1043ガラスコーティングの取り扱いを始めます。 >>
デントリペアで出来ること。
0
    デントリペアについては当方もあまり詳しくは分かりません。
    どの程度の事が出来るのか?場所は?など、ホントに分からないことだらけです。

    まず写真を見てください。






    先日お預かりした下ろしたての新車です。
    左リアドアの下側のプレスラインにかかる部分を、隣に止まった車の
    ドアでヒットしたへこみです。
    写りこみの関係でかなりゆがんで見えますが、実際は写真ほどではありません。

    しかし、このくらいのダメージであれば通常はドア1枚板金塗装に、まずなるでしょう。
    プレスラインにも掛かっていますので、そういった意味でも一般的にデント向きではないようです。




    最近は新車販売店でもデントリペアを受け付けているケースが多いですが、
    このレベルでは受け付けないでしょう。
    もちろん、当方もいける!とは思いませんでした。
    “ダメもと”といっては聞こえは悪いですが、事実そんな感じで見ていただきました。
    “完全には直らない”という返事を貰いながらも作業を引き受けていただき、
    半日弱の作業となりました。

    完成写真は、ありません。直ると同時にお客様が来店されましたので、撮影が
    出来ませんでした。

    しかし、お客様は大満足でご納得頂き、無事納車となりました。

    最近の車は色んな場所にエアバックが入っていたり、実際どこまでがデントリペア
    の領域なのか、判断は難しいというのが現状です。
    しかし、今回のケースのように上手く作業が進めば、納期、料金ともに圧倒的に
    メリットがあると思います。
    ドアの板金塗装は状況にも寄りますが、前後パネルとの色の違いが出やすいので、
    ボカす場合も多く、そうなると3パネルに渡ってペイント、料金も7〜8万円程度、
    納期は1週間前後でしょうか。

    今回のリペアは¥24000−です。
    もちろん、ペイントはしませんので、経年変化の心配もありません。
    何よりも殆ど新車という状態の車ですので、ペイントしないメリットは
    大きいと思います。

    お預かりしたのはコーティングのご注文でした。
    ついで、といっては変ですが、1日で終わるならメリットも大きいですし、
    とりあえずのチャレンジでしたが、お客様にはとてもご満足いただけました。

    もちろん、上手くいくケースばかりではないと思いますが、そんな事も出来るんだな、
    と、捉えていただければ幸いです。

    デントリペア自体は高度な要求に応えるために、絶対的に専門職に限ります。
    片手間の仕事では今回レベルの要求には応えられないでしょう。

    当方から見て満足できるレベルの修復状態から、たっぷりと90分以上を、
    細かくたがね状の工具でソフトに叩き続け、フィニッシュへと導く技術は
    圧巻でした。 やはり奥が深いと思います。




    ≪プロスタッフ≫ホームページはこちら→

    | ニュース(ボディワーク) | 19:45 | comments(0) | - | - | - |









        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << October 2020 >>
    + RECOMMEND
    + SELECTED ENTRIES
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE
    + OTHERS
    このページの先頭へ