カーコーティング ≪PROSTAFF≫ NEWS

カーコーティング専門ショップ≪プロスタッフ≫
<< GT-R 目指したのは、最高峰への挑戦 | main |
転ばぬ先の杖、という考え方。
0
    JUGEMテーマ:車/バイク
     
    年末の作業なので、若干時差があるのですが。

    小型のミニバンで、リアドアを横からぶつけた(ぶつけられた?)際に、ガラスが割れてしまい、室内に破片が飛び散ってしまった、ということでした。修理は完了、室内もそれなりに清掃をしたそうですが、細かい破片が取り除けているのか不安があっての入庫となりました。

    プライバシーガラスなので破片が黒っぽく、グレーや黒が主体の室内では発見しにくいという、デメリットがあるようです。また、リアシートにはチャイルドシートが装着してあり、当然そこにはお子様が乗るわけですからやはり心配な気持ちは大きいと思います。チャイルドシートは通気性を考慮して座面がメッシュとなっていましたが、その中に微細な破片が入り込んでいて心配されるのが無理も無い状況です。



    分解出来るところまでクッションを外して、後は根気よく破片を見つけて取り除く作業となります。叩いては確認、バキュームで吸い取っては確認、これを繰り返します。単純作業ではありますが、根気が少しだけ要求される・・・と思います。
    やはりこれが自分の家族だったら、と考え、妥協せずに時間を掛けて作業を進めます。

    ウィンドフィルムのメリットの一つに、事故の際のガラス片の飛散防止というのがあります。日常あまりそれを感じることは有りませんが、こういう事例があると、貼っていると被害も軽減できたのではないか、と。
    転ばぬ先の杖、は言い過ぎですね。(笑)

    丁寧に仕上げるルームクリーニング、高機能なウィンドフィルムの施工、どちらも取り扱っております。


    プロスタッフ・ホームページはこちらです。


     
    | ニュース | 15:45 | comments(0) | - | - | - |









         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>
    + RECOMMEND
    + SELECTED ENTRIES
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE
    + OTHERS
    このページの先頭へ