カーコーティング ≪PROSTAFF≫ NEWS

カーコーティング専門ショップ≪プロスタッフ≫
<< 誇り高き家紋の末裔 アルファロメオ ミト | main | 転ばぬ先の杖、という考え方。 >>
GT-R 目指したのは、最高峰への挑戦
0
    JUGEMテーマ:車/バイク

    あけましておめでとうございます。
    昨年もたくさんの方に支えて頂きましたことを感謝します。
    今年も引き続き、宜しくお願い致します。

    年末にお預かりした、ニッサンGT−Rです。何台か施工をさせて頂いたこと
    のある車ですが、今回の車はお時間に余裕を頂きましたので細部まで見ること
    が出来た、という次第です。





    R32のGT−Rがデビューした時の衝撃を上回る、変貌と性能の向上は
    もはやスカイラインでは無い、唯一無二の”GT−R”としてR35は誕生、
    世界の列強と肩を並べる、300km超のジャパニーズカーの登場です。





    本音を言えば、そのスタイルに若干懐疑的な気持ちがあったと白状します。
    ボリュームというか、むっちりとしたスタイルに違和感を覚えた、といった
    ところでしょうか。やがて街中で見かけるようになると、圧倒的なワイド感、
    威風堂々に、なるほど、と・・・ 
    今回は引取りにてのお預かりとなったことで、はじめてGT−Rの世界を、
    撫でる程度に垣間見ることが可能となりました。



    日本車特有のホスピタリティが、500ps級マシンの緊張を和らげてくれ
    る、高性能だけれど、冷たくない優しさがそこにあります。とはいえ、エン
    ジンを掛けた瞬間に、3,8リッターV6のビリビリとした、ファーストア
    イドルの微振動と、抑えられた音量の、それでも響く重低音は、どの日本車
    とも違う、迫力に満ちたサウンドです。





    スペックを語るのは簡単ですが、体感、体験に勝るものは無いという、
    当たり前の結論が素直に受け入れられるのも自動車に乗る醍醐味では
    ないでしょうか。剛性感のあるシャーシ、引き締まった足回り、
    ”その先爐鮓据えたブレーキ、等々すべてが500psを公道に放つ
    責任の集合体、といったところです。



    トランクの中は広々としていますが、開口部は小さめです。剛性を高める
    処理は使い勝手に優先します。
    リアシート、座面はたっぷりとしてロングツーリングにも良いように見え
    ますが、ヘッドクリアランスと足元が厳しいですね。(ライバル?よりは良いようですが)



    世界に誇るスーパーカー、と評判のGT−Rですが、グランドツーリングの名
    の通り、ライバル達よりも日常の使い勝手に優れた作りにこそ、真価が見えた
    ように思います。

    ご用命はエシュロン1043NANO-FILでした。
    ありがとうございました。




     
    | インプレッション | 13:20 | comments(0) | - | - | - |









    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << October 2017 >>
    + RECOMMEND
    + SELECTED ENTRIES
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE
    + OTHERS
    このページの先頭へ