カーコーティング ≪PROSTAFF≫ NEWS

カーコーティング専門ショップ≪プロスタッフ≫
<< カッティングエッジな人と車  ゴルフ R32 | main | こっそりと、教えてあげたいカッコよさ ルノー・メガーヌRS >>
大幅にアップデートされたFE-1043 その名は1043NANO-FIL
0
    JUGEMテーマ:車/バイク


     

    ECHELON 1043NANO-FILは、従来のFE-1043の優れた性能を引き継ぎつつ、より満足度の高い製品を目指し開発されました。無機、有機などの製品スペックを重視するのではなく、ボディコーティングの本質である体感できる性能にこだわりました。
    その為、全面的に製品内容を見直し、原材料から再考し誕生したNANO-FILですが、今回は中でも特にポイントとなる改良点についてご案内します。


    大きな性能向上を実現させた新開発3Dネットワーク被膜構造 -3D Net Work-

    今回のモデルチェンジにおいて最大の特徴は、上記のポイントを実現した新開発の3Dネットワーク被膜構造にあります。
    この開発の最大の重点は、ガラス被膜や被膜硬度といったスペックにこだわるのではなく、コーティングの基本である、塗装を保護し美感を長期間維持するということを追求したことです。その結果としてこれまでに無い新しい概念の被膜構造が誕生しました。
    従来のガラス被膜構造は、均一な立体架橋構造を持った単一的な被膜で、ガラス被膜としての硬度は十分に発揮できますが、柔軟性に欠けており塗装面への追従性の限界やキズ等のダメージに対する回避能力に劣る部分がありました。
    それに対して新開発の3Dネットワーク被膜構造は、三次元網目構造のガラス被膜中に均一に直鎖構造を持った強固なつなぎ目が存在することによって、ガラス被膜としての硬度を保ちつつ、優れた柔軟性を実現し、塗装面への追従性も優れた物になっています。


    これまでの製品を凌駕する耐候性 -Powr Up-

    また、この構造は強力なエネルギーを持ったシロキサン結合を主骨格としており、紫外線の影響を受けず、強固な耐候性を発揮します。これらの性能によって、酸性雨や樹液、糞害、黄砂、花粉などの外的要因からのダメージを防ぐとともに、スクラッチシールド塗装のような特殊高弾性塗装をはじめ、耐スリ性塗装や水性、粉体塗装など様々な塗装面に対応するマルチステータスを実現しています。




    各種耐候性試験が優れた性能を実証 -examination-

    1043NANO-FILは、製品の開発に当たって、約3年間の様々な実地テストをはじめ、公的機関での各種耐候性テストを行ってきました。

    ■高温安定性試験  ■耐酸性試験  ■耐アルカリ性試験  ■耐ガソリン試験  ■耐花粉性試験  ■耐樹液性試験  ■耐鳥糞性試験  ■塗装に対する塗膜影響試験  ■被膜硬度試験

    PROSTAFFがエシュロンを使う理由はここにあります。
    上記試験データは私達施工者にすべて開示されています。
    中にはコーティングのアドバンテージを明確に感じられないデータもありますが、良い部分もそうでない部分もデータをオープンにしているメーカーの姿勢は信頼に値します。

    PROSTAFFでは今後FE-1043はすべて1043NANO-FILに変わります。
    施工料金はFE-1043に準じております。 

    お問い合わせ・ご予約をお待ちしております。



    ≪プロスタッフ≫ホームページはこちら→






    | ニュース | 08:48 | comments(0) | - | - | - |









        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>
    + RECOMMEND
    + SELECTED ENTRIES
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE
    + OTHERS
    このページの先頭へ