カーコーティング ≪PROSTAFF≫ NEWS

カーコーティング専門ショップ≪プロスタッフ≫
<< 刺激的なトーンを纏う、ジェントルマン AUDI S6 | main | 大幅にアップデートされたFE-1043 その名は1043NANO-FIL >>
カッティングエッジな人と車  ゴルフ R32
0
    JUGEMテーマ:車/バイク
      カッティングエッジという言葉を知ったのはずいぶん前のことですが、その時はギターのカタログにあった、制作者の紹介に書かれていた文章に使われていました。“最先端の〜”といった意味合いのようなことが書かれていた記憶があるんですが、どうも自分の受け取り方としては違う印象があったように憶えています。ただ、その言葉の響きが気に入って、ずっとハマる何かをさがしていた、ということで、今回ご紹介する車とオーナー様がこれに符合しました。





    ゴルフ R32はデビュー当時それまでのワーゲンのイメージからすると過激すぎるゴルフとして注目を集めた一台です。まだDSGは無く6MTのみで、そういった部分でもオーナーを選ぶ車だったといえます。今見るとおとなしい印象の前後バンパーですが、その当時、というかゴルフ犬旅気┐瓩気鮃佑┐襪函⊇淑にエヴォリューションモデルであることを主張するルックス仕上がってます。 メーカー設定としては相当無理したと思える18インチ標準というサイズも小柄なゴルフには迫力十分です。





    6MTのローがすごく低く、4WD特有の路面を掴む加速は過激で、日常の足と考えるとちょっと辛いくらいです。とにかく強引なパワーなので、セカンド発進が丁度良いと思えるように感じたことがありましたが、オーナー様もいつもそう使っている、とお聞きしました。(これだけでもR32の過激さがお分かり頂けると思います)





    7万km走行した車両ですが、ルーフには水滴のシミが一つもありません。正直にいって、こんなに塗装の状態の良いゴルフ犬呂海谿奮阿砲和減澆靴覆い任△蹐Α△隼廚い泙后常に水滴を残さない、徹底した手入れは究極といえる手際の良さと、愛車と真剣に向き合うオーナー様の強い持ちの表れでしょう。医療用シリコンをベースにしたワイパーで手際よく洗車後の水滴を除去する、という手法で完璧なメンテナンスを行っているそうです。





    シャープな切れ味のR32は、カッティングエッジという言葉がふさわしい車なのですが、その愛車を徹底して、真剣に楽しむオーナー様との組み合わせは、”まさにダブルエッジ!”なんてコピーが頭の中をず〜っとぐるぐると回ってました。(笑)


    購入時にラルグコーティングを施工させて頂いたR32、今回はエシュロンFE-1043にて7年ぶりに施工をさせて頂きました。ありがとうございました。



    ≪プロスタッフ≫ホームページはこちら→




    | インプレッション | 14:03 | comments(0) | - | - | - |









          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << June 2019 >>
    + RECOMMEND
    + SELECTED ENTRIES
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE
    + OTHERS
    このページの先頭へ