カーコーティング ≪PROSTAFF≫ NEWS

カーコーティング専門ショップ≪プロスタッフ≫
<< 我が道を行く選択肢 ポルシェ・ボクスターS | main | 顔は命? ポルシェ997 >>
スーパーカー誕生前夜 マセラティ・ギブリSS
0
    かなりご無沙汰をしていました。
    このところずっと”こ忙しい”・・・そんな言葉があれば、そういうような
    激務ほどでもないけど、それなりに忙しい状態が続いておりました。

    世の中的には若干の上向き加減になりつつあって、それなりに最悪の状態を
    脱したような気もする昨今ですが。





    マセラティギブリSSです。1973年製ということです。

    66年にデビュー、70年に排気量アップのSSとなった、最終モデルです。
    当時のライバルはフェラーリ・デイトナ、ランボルギーニ・ミウラで、
    一番おとなしいスタイルの、大人のためのスーパースポーツといった趣の2シータークーペです。





    スーパーカーの範ちゅうに入る車なんですが、ミッドシップの仲間たちと比べると、やはり実用的、良心的なスポーツカーで、他の“弾け具合”と比較するとやはり“スーパーカー以前”というイメージが強い気がします。

    335PSのパワーに、265km/hのトップスピードは40年前の車とすれば十分にスーパーなんですけどね。





    キャブなんですね、この時代の車は。
    ツーバレルの4連ですが始動性はごく普通で、気負うことなくエンジンを掛けられます。
    4・9LのV8ですから低速のトルクもたっぷり、パワステやエアコンも装備されていますので現代でも十分リラックスしたドライブが可能です。
    実際とてもスムーズで、ストロークのある5MTの操作が楽しいドライブを少しだけ楽しませていただきました。





    足掛け8年で1274台の生産数・・・ハンドメイドなんですね、きっと。






    ご依頼はラルグコーティングでした。
    古いペイントにはガラス系よりもマッチングが良いように思います。



    ≪プロスタッフ≫ホームページはこちら→
    | インプレッション | 15:48 | comments(0) | - | - | - |









         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>
    + RECOMMEND
    + SELECTED ENTRIES
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE
    + OTHERS
    このページの先頭へ