カーコーティング ≪PROSTAFF≫ NEWS

カーコーティング専門ショップ≪プロスタッフ≫
転ばぬ先の杖、という考え方。
0
    JUGEMテーマ:車/バイク
     
    年末の作業なので、若干時差があるのですが。

    小型のミニバンで、リアドアを横からぶつけた(ぶつけられた?)際に、ガラスが割れてしまい、室内に破片が飛び散ってしまった、ということでした。修理は完了、室内もそれなりに清掃をしたそうですが、細かい破片が取り除けているのか不安があっての入庫となりました。

    プライバシーガラスなので破片が黒っぽく、グレーや黒が主体の室内では発見しにくいという、デメリットがあるようです。また、リアシートにはチャイルドシートが装着してあり、当然そこにはお子様が乗るわけですからやはり心配な気持ちは大きいと思います。チャイルドシートは通気性を考慮して座面がメッシュとなっていましたが、その中に微細な破片が入り込んでいて心配されるのが無理も無い状況です。



    分解出来るところまでクッションを外して、後は根気よく破片を見つけて取り除く作業となります。叩いては確認、バキュームで吸い取っては確認、これを繰り返します。単純作業ではありますが、根気が少しだけ要求される・・・と思います。
    やはりこれが自分の家族だったら、と考え、妥協せずに時間を掛けて作業を進めます。

    ウィンドフィルムのメリットの一つに、事故の際のガラス片の飛散防止というのがあります。日常あまりそれを感じることは有りませんが、こういう事例があると、貼っていると被害も軽減できたのではないか、と。
    転ばぬ先の杖、は言い過ぎですね。(笑)

    丁寧に仕上げるルームクリーニング、高機能なウィンドフィルムの施工、どちらも取り扱っております。


    プロスタッフ・ホームページはこちらです。


     
    | ニュース | 15:45 | comments(0) | - | - | - |
    こんな仕事もやってます その2 ラッピング コルト ラリーアート
    0
       前回はハヤブサのコーティングをご紹介しました。
      2輪もやるし、そうだなぁ、なんでもやるよ、みたいなスタンスですが、今回は応用編?として、お客様のご要望によりカーラッピング施工をさせて頂きました。





      コンパクト且つ使い勝手の良さに加えてクラス唯一のターボ搭載車、ということでコルト・ラリーアートを選択、購入されたオーナー様は、当方の長年のお得意です。
      車の紹介もほどほどに、今回はオーナー様のご希望によるカーラッピング、エンジンフード編をお送りします。・・・?
      近年ドレスアップの手法の一つとして注目のカーラッピングですが、果たしてどんなものか?と

      良くあるカーボン調の黒いエンジンフードは避けて、マイルドなコントラストを目指してシルバーのカーボン柄が選択されましたが、派手すぎない外観はセンスの良さを感じさせますね。






      初挑戦ということで、小さいエンジンフードのコルトだから受けた仕事ですが、良く見るとこの造形、難易度高いですよねぇ。インタークーラーのダクトなども“逃げ”として良いと思いましたが、周りの高くなった縁部分なども含めてちょっと大変でした。
      結局1回目は、引っ張りすぎた部分のカーボン模様がいまいちで1カ月後に再チャレンジしました。まぁ、分かっていたことでも有り、また、コツのようなものも掴んだ感があったので2回目は楽勝だろう、と考えていました。
      ところが2回目はダクト部分の余白を多く残し過ぎ、締め付けられたダクトでフィルムが押されて縁部分が浮いてしまいました。
      暫くしても浮きが治らなかったので再度お預かりして修正させて頂きました。
      余白のカットを見直し、組み付け時のナットの締め付けを加減したことで対処出来たようですが、色々と学ぶところが多い作業ではありました。





      今回の仕事はラッピングのみ、なんてことも無く、ちゃんとコーティングもさせて頂いております。
      ラッピングフィルムの上からでも施工できるのが1043NANOの良いところで、施工後に洗車したときには凹凸のあるフィルム表面も、そうでない塗装部分も同じような滑水状態になっていました。これは洗っていても中々気持ちの良いものです。
      ドレスアップとしての側面がクローズアップされているラッピングですが、手入れを怠りがちな、背の高い車のルーフ部分の保護などにとても有効であるように思います。当方でも今後はそのあたりを研究、勉強したいと考えております。

      フェンダーを同色にペイント、スリーダイヤモンドを赤くすることで個性的な演出がなされています。ホイールとエクゾーストパーツも良いマッチングで、さすがモディファイ番長?・・・の面目躍如といったところです。

      ご用命はECHILON1043NANO-FIL&ラッピングでした。
      いつもありがとうございます。



      ≪プロスタッフ≫ホームページはこちら→









      | ニュース | 10:00 | comments(0) | - | - | - |
      洗車好きな人に朗報 弱酸性シャンプーの“パワーリフレ”
      0
        洗車後のウォータスポットなど、水道水に起因するトラブルでお悩みの方、最近多いのではないでしょうか。
        今回ご紹介する、弱酸性シャンプー“パワーリフレ”は洗車好きの方に支持されるキレート効果の高い、優れた洗浄力のカーシャンプーです。





        中性タイプのシャンプーでは洗浄しきれないミクロの汚れを、エデト酸のキレート効果※で、界面活性剤の洗浄力を引き出し、優れた洗浄性能を発揮して汚れを確実に除去します。
        またpHを弱酸性に調整することで被膜に付着した軽度のウォータースポットの除去にも効果的です。さらに撥水タイプのコーティングに関しては被膜表面の撥水基を再活性化させ、撥水状態を復元します。ガラス被膜特有の手触りと光沢感を持続させる、メンテナンスに最適な弱酸性の濃縮型シャンプーです。

        現在プロスタッフでは施工頂いたお客様へのメンテナンスキットのシャンプーとして“パワーリフレ”を差し上げております。100cc入りのボトルですが、30〜40倍に希釈して使用しますので小さめのスプレーボトルなどを使用して頂くことで経済的にお使い頂けます。

        現在キャンペーンとして写真の100ccボトル1本をプレゼントしております。店頭渡しのみの対応となりますが、興味のある方はぜひ、お問い合わせください。


        ※エデト酸の錯化特性を利用してMg2+やCa2+を捕集することで水道水(硬水)を軟水化する作用。
        カルシウム、マグネシウムを主体とするイオンデポジット・ウォータースポットの除去作用など。



        プロスタッフ≫ホームページはこちら→



        | ニュース | 16:05 | comments(0) | - | - | - |
        ロー&ロングにする理由って?・・・ GSX1300R ハヤブサ
        0
           2輪です。 ええ、ハヤブサですから。 唐突にね。(笑)

          時速300kmオーバーの代表的2輪車として人気のあるハヤブサ、4輪好きの間でも有名なオートバイですね。 ならば、普通に乗れば良いのに、と考えるノーマルなアタマの人からすれば許し難いモディファイが、今回ご紹介のハヤブサです。







          ロー&ロングにワイドなリアタイヤが、いったいどこを走るのか?と。
          雑誌やネットの画像で見かけるようなカスタムですが、実物の存在感はそんな屁理屈的な思考をどこかに吹き飛ばすだけの力を持っているようです。素直にカッコ良い、メカニカルな感じが独特のオーラを発する、といえばその雰囲気が伝わるでしょうか。
           細かい部分までしっかりと手が入っているマシンですが、コンセプチュアルというか、世界観を持たせるためのパーツセレクト、と理解しました。







          カスタムガレージを営むオーナー様ですが、“曲がらないですよ〜、コレ、ほんと、バカですからね〜”と笑いながら自嘲気味に語る姿が微笑ましくあります。こんなバイクに乗るのは、オドロオドロしたジャギのような人?をイメージしてましたが、笑顔の絶えない、というかほんとにいつも笑っている素敵な人ですので、万一公道で遭遇した場合にも、必要以上に身構えることなくやり過ごしましょう。(笑)あ、このマシンはこの状態で公認ナンバーが付いていて、もちろん合法、ということです。

          バイクは乗ってナンボ、という本質的な側面と、眺める・語る、というソフトな楽しみが同居する大人のホビーです。ましてや寒い冬は観賞主体に、と考えればこういうのもアリだな、と思えてくるから不思議ではありますね。 いや、やっぱり乗りましょうか・・・。




          作業内容は以下の通りです。
          タンク・カウル・フェンダー
          ホイール・スイングアーム・キャリパー・インナーローター
          スクリーン(表裏とも)メーター・スウィッチ類など、コーティング出来る部分はすべて1043NANO-FILにて施工しました。

          1043NANOはカスタムペイントにも施工可能です。
          詳細についてはお問い合わせください。




          ≪プロスタッフ≫ホームページはこちら→
          | ニュース | 10:21 | comments(0) | - | - | - |
          大幅にアップデートされたFE-1043 その名は1043NANO-FIL
          0
            JUGEMテーマ:車/バイク


             

            ECHELON 1043NANO-FILは、従来のFE-1043の優れた性能を引き継ぎつつ、より満足度の高い製品を目指し開発されました。無機、有機などの製品スペックを重視するのではなく、ボディコーティングの本質である体感できる性能にこだわりました。
            その為、全面的に製品内容を見直し、原材料から再考し誕生したNANO-FILですが、今回は中でも特にポイントとなる改良点についてご案内します。


            大きな性能向上を実現させた新開発3Dネットワーク被膜構造 -3D Net Work-

            今回のモデルチェンジにおいて最大の特徴は、上記のポイントを実現した新開発の3Dネットワーク被膜構造にあります。
            この開発の最大の重点は、ガラス被膜や被膜硬度といったスペックにこだわるのではなく、コーティングの基本である、塗装を保護し美感を長期間維持するということを追求したことです。その結果としてこれまでに無い新しい概念の被膜構造が誕生しました。
            従来のガラス被膜構造は、均一な立体架橋構造を持った単一的な被膜で、ガラス被膜としての硬度は十分に発揮できますが、柔軟性に欠けており塗装面への追従性の限界やキズ等のダメージに対する回避能力に劣る部分がありました。
            それに対して新開発の3Dネットワーク被膜構造は、三次元網目構造のガラス被膜中に均一に直鎖構造を持った強固なつなぎ目が存在することによって、ガラス被膜としての硬度を保ちつつ、優れた柔軟性を実現し、塗装面への追従性も優れた物になっています。


            これまでの製品を凌駕する耐候性 -Powr Up-

            また、この構造は強力なエネルギーを持ったシロキサン結合を主骨格としており、紫外線の影響を受けず、強固な耐候性を発揮します。これらの性能によって、酸性雨や樹液、糞害、黄砂、花粉などの外的要因からのダメージを防ぐとともに、スクラッチシールド塗装のような特殊高弾性塗装をはじめ、耐スリ性塗装や水性、粉体塗装など様々な塗装面に対応するマルチステータスを実現しています。




            各種耐候性試験が優れた性能を実証 -examination-

            1043NANO-FILは、製品の開発に当たって、約3年間の様々な実地テストをはじめ、公的機関での各種耐候性テストを行ってきました。

            ■高温安定性試験  ■耐酸性試験  ■耐アルカリ性試験  ■耐ガソリン試験  ■耐花粉性試験  ■耐樹液性試験  ■耐鳥糞性試験  ■塗装に対する塗膜影響試験  ■被膜硬度試験

            PROSTAFFがエシュロンを使う理由はここにあります。
            上記試験データは私達施工者にすべて開示されています。
            中にはコーティングのアドバンテージを明確に感じられないデータもありますが、良い部分もそうでない部分もデータをオープンにしているメーカーの姿勢は信頼に値します。

            PROSTAFFでは今後FE-1043はすべて1043NANO-FILに変わります。
            施工料金はFE-1043に準じております。 

            お問い合わせ・ご予約をお待ちしております。



            ≪プロスタッフ≫ホームページはこちら→






            | ニュース | 08:48 | comments(0) | - | - | - |
            暑さを乗り切る“お得”なメニューはいかがでしょう。
            0
              JUGEMテーマ:車/バイク
                一年の中で最もすごしやすい気候を迎え、皆様ご機嫌はいかがでしょうか。
              さわやかな新緑の、清々しい風の心地よさ、あぁ、四季のある日本に生まれて良かった・・・。
              などと、どうでも良い前フリはさておいて、です。

              実際、このくらいの気温でもすでに車内の温度は高く、エアコンを使用することも少なくない状況となってきました。日差しの強さ、あるいは紫外線をはじめとする肌にとって有害な成分の照射はドライブなど長時間の車の移動に付きものの悩みです。時期的にカーフィルムの需要が高まってくるシーズンですが、相変わらず気になるのがヒートカットクリアーフィルムではないでしょうか。効果への疑問、車検・点検時の不安も含めてお悩みの方も多数おられることだと思います。通常のスモークフィルムよりも高価な素材ということもあって、安価な提供は出来ないために、興味はあるけれど、車検に通らずに剥がされることを考えると躊躇する、と考えていたお客様に気軽に試して頂けるメニューが新登場しました。

              B4(265×365)サイズにカット済みのフィルムをお客様のポジションに合わせ、ご希望の位置へ合わせて貼り付け施工します。
              左右で¥3,600−(税込)となります。透明のフィルムですので完全乾燥後は意識しなければ分からない状態になります。もちろん運転中に警察官に止められることも有りませんのでご安心ください。点検や車検につきましては、特に点検などはディーラー様、販売店様個別での判断ということで、可否が分かれます。車検についても同じような扱いですが、この状態で車検に通ったお客様も数人いることから絶対的なことは分からず、やはり個々の判断、ということになると思われます。





              そういったことを含め、お試しプランとして、またサマーシーズンを乗り切るアイテムとして割り切った商品として企画をしました。画像はトヨタ・シエンタです。マスキング・テープの四角の外側までが有効面積となります。





              2枚目はテープを剥がした施工車です。どうです?違和感無いでしょう。





              こちらはトヨタ・ハリアーです。車によってウィンドガラスの面積・形状が違いますので最適な位置を確認しながら作業させて頂きます。ちなみに作業時間は左右で30分程度です。

              一回り大きなサイズとして300×400mmもご用意しております。こちらは¥4,100ー(税込)となります。

              紫外線・熱線をカットするガラスは近年多くの車に装備されるようになりました。しかし、単体で完璧・完全なものは無いと考えたほうが間違いなく、そういった意味でダブルプロテクトすることで、5年後、10年後の肌に思いを寄せて”防御“することは投資金額以上の恩恵がある、と考えても良いのではないでしょうか。

              今なら20%offの¥2,880−にてご予約を受け付けております。このチャンスに、ぜひお試しくださいね。



              ご予約・お問い合わせはこちらまで。





              | ニュース | 13:25 | comments(0) | - | - | - |
              興味のある人、この指とまれ。
              0
                 ん・・・なに? 唐突に・・・。
                ですよね、まったく。

                まぁ、こういうことです。
                カーディティリングに興味があって、そういう方面で独立したいなぁ、と考えている人、迷っている人がいたら、とりあえずこの指止まって下さい、と。

                開業して20年以上この業界で生きながらえているPROSTAFFですが、そのあいだには数人の教え子?だったり開業アドバイスなどをしたことがあります。まぁ、ほぼボランティアだったわけですけれど。
                トータル5人で、仕事として成り立った、継続している人間は1人なので(彼は今なお活躍中)成功率というか、生存率?は20%と言ったところです。もちろん、これには色々な要因があります。技術を習得する、ということは5人ともなんとかなりました。(基本的な仕事が出来るようになった、という意味合いです)問題はその後の、仕事をどういう形で開花させることが出来るか、ということに尽きると思います。開業する、という覚悟みたいなものが欠けていたり、仕事を確保することが出来ない、といった当たり前のことが上手く出来ないことで挫折、断念したケースがほとんどです。
                私自身大した営業が出来ているわけではなく、日々追われている部分も多いのですが、それでも細々と継続出来ている現状から、教えるだけではない、失敗する確率を減らしてゆくようなことまでのサポートが出来るようなシステムを考えています。それでも最終的には本人のやる気だったり適正だったりがありますので、そのあたりはだれでもOK!などとは言いません。

                こんな時代、ましてやこういう時期でもあり、果たして望む人が居るのか?という疑問はあります。ただ、ポジティブに生きたい、小さいけれど夢はある、という人も居るんじゃないかな、と。

                で、そういう話に興味がわいた人は覗いてみてください。


                ≪プライオリティ セットアップ≫ホームページはこちら→


                priority setup 【プライオリティ セットアップ】
                プライオリティ = 優先する、先取権などを指示する。 / セットアップ = 仕組みや構成といったほかに、立てる、掲げる、築く、起こすなどといった意味を含む。
                独立・開業に、必要な先取権とは? 知識や枠組み・構成を、最優先に提供するシステムです。  
                これ、あくまで造語です。

                ホームページはあくまでもご案内、さわりみたいなものでしかありません。さらに詳しく知りたい!という方には資料をお送りするか、直接ご説明しますのでお問い合わせください。

                私自身、昔からこういうことをやってみたいという構想はあったのですが、いつまでも”夢を語る人”のままではいかんなぁ、などと思い立った次第です。(選挙演説っぽい?)こんなことに失敗も成功も無いんですけど、具現化しないことには先に進めない、ってことで。(笑)
                | ニュース | 15:22 | comments(0) | - | - | - |
                本日HPリニューアルしました。
                0
                   タイトルのまんまです。

                  やっと新しいサイトがアップできました。
                  ほぼ完成していたサイトですが自分の忙しさにかまけて
                  細かい部分の手直しなど、実のところどーでも良い部分に
                  固執したりでなかなか進みませんでした。

                  リニューアルキャンペーンとして施工ご依頼のお客様に
                  純チタン製のナンバープレートビスをプレゼントします。
                  誰かが言ってましたけど、”こういうのってなかなか自分じゃ
                  買わないけどもらえるんなら良いよね”だそうです。
                  なるほど・・・言い得て妙な感想です。



                  背の低い、というか、平たい形状のキャップボルトでヘキサゴンレンチにて
                  取り付けるタイプのものですが洗車の際にも引っかかりにくく
                  鈍いグレーが良いアクセントになります。
                  ワッシャーも凝っていて黒いジュラコンの削りだしです。
                  接触部分の摩擦が少ないので締め付けトルクがきちんと管理できます。
                  腐食しにくいということではステンレスをしのぎ、また何よりも圧倒的に軽量です。
                  ノーズ部分の軽量化はアンダーステアの軽減にも・・・やめやめ。(笑)
                  とにかく少しのドレスアップとカスタマイズに寄与するのではないかと思われます。

                  ボルト2本ワッシャー2枚の1SETで¥1,260で販売もしています。
                  あまり数がないので欲しい方はHPの問い合わせかお電話にてお早めにお尋ねください。

                  おかげさまで2010年はご予約終了です。(って、もう20日だし・・・)
                  2011年1月よりのご予約を承ります。


                  ≪プロスタッフ≫ホームページはこちら→



                  ちなみにブログ形式が変わってしまい若干戸惑い気味だったりもしています。







                  | ニュース | 17:51 | comments(0) | - | - | - |
                  続・小さな車の好きなあなたへ。  VW ルポ 
                  0
                    では、前回の続きです。 憶えていますか、前のこと・・・?


                    価格はすべて込みの支払い総合計です。
                    それ以上掛かりません。(これ、ほんとです。)
                    車庫証明のみご用意頂きます。
                    名義変更手続きはこちらで行います。
                    遠方の方でご希望の方はお問い合わせください。





                    オイル交換ATF交換他の点検はご希望の方にのみ有料にて承ります。
                    5月車検時にオイルなども交換してあり現状渡しでも問題は無いと思いますが、念のためお受けすることをお勧めします。
                    また、メンテナンスや点検も信頼できる工場がありますので、不安も解消できると思います。(この件につきましては直接お問い合わせください。 なるほど、とご納得頂けると思います)





                    DVDナビはパイオニア・楽ナビです。地図データは若干古いですが、さほど不便なく使用できると思います。バージョンアップも可能ですのでお問い合わせください。
                    ETCは三菱製のものが装備されています。こちらも現在の道路事情では必須アイテムといえます。

                    上記装備品の取り扱い説明書も保存されていますので、メカに弱い方でも十分に使いこなせるでしょう。ナビやETCの装備されない車を購入された場合にはそれなりの出費がかさみますので、じっくり冷静にご検討、計算されることをお勧めします。(笑)







                    作りの良い、たっぷりしたシートは疲労が少なく同じクラスの国産車とは一線を画すものです。また、車のサイズからは考えられない安定した高速走行とあいまって長距離ドライブも楽しめる車です。リアシートは座面を高くしてあり正面の風景も見やすいポジションとなっています。2ドアではあるけれど、しっかりやることはやっている、そんなマジメな作りです。





                    こちらに試乗記やスペックなどがあります。
                    ちょっと古い記事ですが参考まで。

                    ユーズドカーの販売はしていないわけではありませんが、ほとんどがご紹介での販売ですのでブログの文章では説明不足のようです。
                    ご興味のある方はぜひ直接お問い合わせください。


                    ≪プロスタッフ≫ホームページはこちら→
                    | ニュース | 17:54 | comments(0) | - | - | - |
                    小さな車の好きなあなたへ。  VW ルポ
                    0
                      突然ですが、販売情報です。





                      新車販売に伴い下取りをしたワーゲンのルポですが、思ったより良いものだったこともあり、ユーズドカーとして販売しますのでご興味のある方だけご覧ください。

                      2003年式の後期型、1.4 コンフォート・パッケージ車です。車検が再来年の5月まで、距離は51000kmのワンオーナーのものです。







                      VW ルポ 1.4コンフォート・パッケージ 4AT
                      フラッシュレッド
                      2003年5月新車登録
                      2012年5月まで車検あり
                      ナビ・ETCを装備

                      販売価格 ¥350,000−(税・諸費用含む)
                      上記価格にはリサイクル料・自動車税も含まれます。



                       

                      中古車の一番気になる部分、壊れる・壊れないといった可能性、トラブルの元凶はやはり使い方、乗り方によって大きく変わってきます。購入後間もなく故障する事例は乗り方・使い方が変化し、それに車が付いてゆけずギリギリ耐えていた部品が壊れる、ということが考えられます。このルポが壊れないという確証はありませんが、丁寧な使い方をされていた状態からトラブルの発生する確率は低く抑えられていると思います。私が良いと思ったのは内装のいたみの無さです。傷のつきやすい操作部分、プラスティック類が綺麗でした。女性のオーナー様が使用されていましたが、ありがちな爪などで傷を付けてしまうことも無く、クリーンなコックピットが維持されています。また、紫外線・経年に伴う室内のダメージも少なく、気持ちよく乗ることが出来ると思われます。
                      外装も現状では手を加える必要も無く鮮やかなフラッシュレッドのボディカラーを維持しています。





                      絶対に良いかどうかは、正直判りません。(笑) え、無責任ですか?
                      程度と装備、価格のバランスで言えば悪くないと思います。車両価格が安くても装備が装備(ナビ・ETC)が少なければその後の費用もそれなりに掛かります。もちろん車検が無い車であれば諸費用も多く掛かってしまうかもしれません。ご紹介の車はタイヤも交換してからさほど経っていないので(純正同様のミシュランです)考えられる当面の出費が掛かりません。
                      そういったすべての条件で、良いと思える方がいらっしゃれば一度お尋ねください。

                      一度にアップ出来る画像が5枚ほどなので内装の写真も後ほど追加します。

                      それではひとまず。


                      ≪プロスタッフ≫ホームページはこちら→



                      | ニュース | 15:18 | comments(0) | - | - | - |
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      293031    
                      << October 2017 >>
                      + RECOMMEND
                      + SELECTED ENTRIES
                      + CATEGORIES
                      + ARCHIVES
                      + MOBILE
                      qrcode
                      + LINKS
                      + PROFILE
                      + OTHERS
                      このページの先頭へ